クロスビーのスペックと加速性能、実際の乗り心地を紹介!

2017年の12月に発売された後も人気が絶好調のスズキXBEE(クロスビー)

スペックや加速性能、そして実際の乗り心地も気になるところですよね。

1LのコンパクトSUV で可愛い&かっこいいだけではなく、加速性能と快適な乗り心地を評価されているコンパクトSUVです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

スズキ車という事で軽自動車の「ハスラー」との比較されることもありますが、加速での力強さのパワーとSUVとしてのワイルドさが大幅にアップしております。

また、乗り心地が快適なので街乗りはもちろんですが、1.0Lエンジンなのに1.5Lエンジン並みの加速性能というスポーティな車で多様化されたライフスタイルにも最適な車です。

クロスビーのスペックはどのぐらい?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

クロスビーのスペックとして、大きくHYBRID MZとHYBRID MXの二つのグレードに分けられ、主なスペックは、下記になります。

グレード

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆HYBRID MZ

◆HYBRID MX

グレードは2種類のみとなります。

最近発売されている車は、多くのグレードから選べるタイプが主流となっていますが、クロスビーはこの2種類のグレードだけで勝負をしています。

ちなみに『HYBRID MZ』の方が上位のグレードとなります。

グレードによって装備や性能が違ってきますので、どちらを選ぼうか悩んでいる人は、今一度グレードの違いを理解しておいたほうがいいと思います。

結構多いのは、購入をしてから後で細かいグレードの違いを知って、違ったグレードにすればよかったと後悔をしてしまうことです。

そういったことにならないためにも、事前にグレードの違いは理解しておきましょう。

関連記事⇒グレードによる違いはなに?

駆動方式

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆2WD

◆4WD

グレード内に2WDと4WDがあります。

なので正確なグレードの種類でいうと

HYBRID MZ(2WD)

HYBRID MZ(4WD)

HYBRID MX(2WD)

HYBRID MX(4WD)

と分けることができます。

クロスビーはアウトドアにも活躍ができるタイプの車ですので、4WDタイプも非常に人気が高いという特徴があります。

ただし、2WDと4WDによっても微妙に内装の収納スペースが違ってきたりもしますので注意は必要です。

関連記事⇒グレードの違いを比較!

トランスミッション

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆6AT

クロスビーはオートマチックのみでマニュアルはありません。

寸法

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆全長×全幅×全高:3,760×1,670×1,705mm

クロスビーはコンパクトカーとSUVを組み合わせた車のため、全体的にSUV程は大きすぎず、コンパクトにまとまっています。

このサイズ感が人気の理由の一つにもなります。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

また最小回転半径が4.7mと非常に小回りも効く車となります。

そのため、細かい道を運転することの多い人や、まだ運転に慣れていない人にも安心して乗れる車になります。

関連記事⇒クロスビーとハスラーを比較するとどれぐらい違う?

 

◆室内寸法:2,175×1,355×1,280mm

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

外寸はコンパクトになっていますが、室内は結構広めに作られていて、アウトドアには最適な車になります。

大きさだけ見ると小さく感じる人もいるかもしれませんが、意外と広く後部座席も余裕をもって座ることができます。

関連記事⇒クロスビーの口コミと評価は?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

またやろうと思えば車中泊も可能になりますが、実際に私も車中泊をしてみて感じたことが数点ありましたので、下記関連記事にまとめました。

興味のある方は是非ご覧ください。

関連記事⇒車中泊を実際にやってみた感想と注意点は?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆ホイールベース:2,435mm

◆タイヤサイズ:175/60R16 82H

クロスビーは標準で16インチのタイヤサイズとなります。

やはりSUVだけあって車体と比較して大きめのタイヤサイズとなります。

またカスタムを考えている人はタイヤサイズのインチアップをすることでより個性的な車に仕上げることも可能です。

関連記事⇒クロスビーのインチアップはどこまで可能?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆車両重量:960kg(2WD)、1000kg(4WD)

◆乗車定員:5人

クロスビーの乗車定員は5人ですが、実際に大人5人だと結構窮屈な感じにはなります。

大人だけなら4人が最適でしょう。

関連記事⇒クロスビーとソリオを比較!広さや性能はどっちがいい?

性能

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆燃費消費率:22.0km/L(4WD)

       20.6km/L(4WD)

上記の数値はカタログ燃費となります。

口コミなどを見ていくとクロスビーは加速はいいけれど、燃費はそこまでよくないという意見も何件かあります。

実際の燃費(実燃費)は変わりますので、下記関連記事を参考にしてみてください。

関連記事⇒クロスビーの実際の燃費とライバル車の燃費と比較!

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆動力分類:ハイブリッド

クロスビーはマイルドハイブリッドシステムを採用しています。

そのため、普通のハイブリッド程ではありませんがガソリンを有効に使って、燃費を良くしています。

関連記事⇒マイルドハイブリッドって何?

エンジン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

エンジンについては、細かく載せましたが興味のある人は確認をして頂ければ幸いです。

あまり普通に運転する分は知らなくても問題ない情報になりますね。

◆型式:K10C型

◆種類:水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ

◆内径×行程:73.0×79.4mm

◆総排気量:0.996L

◆圧縮比:10.0

◆最高出力:73kW(99PS)/5,500rpm

◆最大トルク:150N・m(15.3kgf・m)/1,700-4,000rpm

◆燃料タンク:32L(2WD)、30L(4WD)

1点だけ知っておいてほしいのが、燃料タンクの大きさです。

2WDと4WDでは2リットルだけガソリンの入る量が違ってくるという事ですね。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

先程も少し触れましたが、クロスビーは『水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ』のエンジンを使用していることもあり、加速については評判がいいです。

エンジンの大きさは1000ccのエンジンですが、加速では1500cc並みのパワーがあります。

そのため、加速は問題ないでしょう。

関連記事⇒クロスビーの良い評価と悪い評価は?

価格

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆1,765,800円~(税込み)

価格はグレードによっても変わります。

グレード別の価格や機能の違いについては下記関連記事をご確認頂ければと思います。

関連記事⇒クロスビーのグレード別価格と、機能や装備は何が違う?

カラーバリエーション

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

◆モノトーン:3タイプ

◆2トーン:6タイプ

◆3トーン:2タイプ

がカタログスペックとして用意されております。

関連記事⇒カラーバリエーション(色)の人気TOP3はこれだ!色見本紹介?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling/

実は、1Lのコンパクトカーとしては標準的なスペックです。

しかしここで注目すべきスペックは、何度も書きますがやはり「水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ」でのハイブリッドなので1.5L自然吸気エンジン並みの高出力で高トルクを実現させており加速性能に大きく影響しております。

また、上記のスペック以外にも安全性は、素晴らしいスペックとして追加されております。

3つの安全技術「基本安全、予防安全、衝突安全」

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling/

特に「予防安全(スズキセーフティサポート)」が素晴らしく以下の性能が付属されております。

・デュアルセンサーブレーキと後退時ブレーキサポートで衝突被害軽減ブレーキ

・誤発進抑制機能

・後方誤発進抑制機

・車線逸脱警報昨日

・ふらつき警報機能

・先行車発進お知らせ機能

・ハイビームアシスタント

・全方位モニター用カメラ

で、運転支援システムはほぼフル装備です。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling/

尚、このクラスでは、大変珍しい機能もあるんです。

それがクルーズコントロールです。

クルーズコントロールとは、走行中にアクセルペダルを離しても一定のスピードが維持される機能になります。

このクルーズコントロール装備されており高速走行と長距離ドライブをアシストし長距離の疲労軽減し快適な運転と乗り心地を実現しております。

実際にクルーズコントロールを使用すると、坂道などでも安定したスピードを保つことができるため、気づいたらかなりスピードが出ていたなんてことも防げるんですね。

関連記事⇒クロスビーの安全性能・装備・装置はなにがある?

大きな収納スペース

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

ファミリー世帯にもお勧めで収納スペースが豊富で、特にラゲッジボードを外すことで荷室が拡大し背の高いものも積むことも可能です。

例えば、ベビーカーなどの背の高い荷物も立てたまま収納できます。

皆さんの様々なライフスタイルとバリエーションに対応できる車となっております。

関連記事⇒クロスビーで車中泊は可能?実体験レポート!

クロスビーの乗り心地は良い?悪い?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/interior/

1Lカーで見た目が可愛い&カッコいいスズキ・クロスビーですが、乗り心地や、評価はどうでしょうか?

口コミをみていくと、試乗された方の多くの方は「車内空間もスペック以上に快適で乗り心地が大変良い!!!」との高評価です。

クロスビーの視界と座り心地は?

特に視界の高評価が多いです。

クロスビーは着座位置が高く見晴らしが良いポジションだから、視界も良好で運転しやすいです。

またドアミラーも比較的大きく視界が広いのも運転に安心ですね。

ただ、斜めの視界についてはフレームの部分が歩行者などと重なってしまう可能性もある為、交差点で右折や左折をする時には注意が必要です。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

そして運転をする上で重要なのは乗り心地です。

クロスビーのシート表皮はファブリックで柔らかく仕上げられており座りやすく、チルトステアリング、シートリフター、シートスライドによりドライバーの体格好みに合わせて調整が可能で乗り心地は快適です。

家族で交代で運転する時なんかは、このシートの微調整が結構運転の疲れを左右する要因にもありますので、大切ですね。

関連記事⇒クロスビーの運転のしやすさと視界はどう?

クロスビーの走り心地は?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

スズキ・クロスビーは、車の分類としては、コンパクトSUVになります。

しかし実際に運転をしてみると、路面の荒れた路面を走ると少し硬く感じるかも知れません。

逆に市街地などの街乗りに非常に適しており平坦な路面では、非常に快い乗り心地という評価も多くあります。

また、上記で説明したクルーズコントロールシステムにより、近場の買い物だけでなく、ファミリーでの休日の遠出での高速道路の高速走行や長距離ドライブをらくらく楽しめます。

結論としては、どちらかというと街乗りの方が適している感じはします。

関連記事⇒クロスビーの口コミと評価は?実際の評判は良い?悪い?酷評はある?

クロスビーのシートや内装の評価

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

スズキ・クロスビーのシートは、エクステリアとカラーコーディネートされていて大変お洒落です。

HYBRID MZのグレードでは、撥水加工シートで夏キャンプなどにもとくに活用され、夏はキャンプやサーフィン、冬はスキーやスノーボードなどのアウトドア好きで多趣味な人には、大変人気が高いです。

またスポーツやアウトドア系だけでなく、小さな子供がいる家庭でも、撥水加工シートは結構重宝されますよね。

車の中で子供がジュースをこぼすなんてことは、よくありますからね。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

そして車内も広くリビングのように快適でカタログスペック以上にリアシートは十分な広さとヘッドスペースが確保されておりますので、同乗者も乗り心地が良く車中泊も可能です。

やはり!!多くの方にスズキのクロスビーは、車内空間もゆったりしており、運転しやすい座席で乗り心地が良い小型SUV車と高評価を得ているようです。

関連記事⇒クロスビーの内装カスタムや人気内装色オプションは?

クロスビーの加速性能はどのぐらい?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

続いてクロスビーの加速性能です。

カタログのスペックに表示されておりますがK10C型のブースタージェットエンジンを搭載しています。

これが!!マイルドハイブリッドシステムを組み合わせて優れた燃費性能とハイパワーを両立しており加速性能は、非常に高い!!コンパクトカーです。

1.0L直噴ターボで、高出力・高トルクで1.5L自然吸気エンジン並みの加速を実現しておりダイレクトでレスポンスの加速性良い走りができます!!

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

これらは、スズキ自動車では、ワゴン R やスペーシアカスタムにも使われておりましたが小型車ではクロスビーが初めてです。

 

また、2WD車では車両重量は960kgと他の同等車種と比べて非常に軽くなっているのも加速性を上げております。

実は、エンジン出力と重量の組み合せは、非常に重要でエンジン単体の素性を表すたの自動車の加速能力に関わる指標としてパワーウエイトレシオという数値を用いられます。

スズキのクロスビーも他の同等のコンパクトSUVと比較してもそこそこの数値を出しております。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

トランスミッションは6速ATを採用されており発進時は力強い加速を体感する事はもちろん、登坂性能や高速走行時の燃費性能を両立させております。

また、ステアリングホールのマニュアルモード付きパドルシフトを操作で指先でシフトアップダウンが可能でスポーティで乗り心地よい走りを楽しむことが出来ます。

 

マイルドハイブリッドとして発電効率に優れたISG(Integrated Starter Generator:モーター機能付発電機)を装備しております。

この機能は、減速時のエネルギーを利用して発電し充電し、加速時には充電した電力を活かしてモーターでエンジンをアシストすることができるのでさらなる燃費の向上を実現しております。

 

スズキのクロスビーのエンジンは、水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボを搭載しており最高出力は99PS(5,500回転)、最大トルクは15.3kg・m(1,700~4,000回転)のスペックを持っており1.5Lエンジン並みの加速です!!

加速性能の結論

長々と加速性能について書きましたが、結論として、1.5Lの車と同じぐらいの加速性能があるという事になります。

これは非常に嬉しいことですよね。

特に高速道路を走ることの多い人や、坂道を運転することが多い人にとっては重要なことになるかと思います。

 

 

クロスビーのスペックと加速性能、乗り心地まとめ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/index.html

1LコンパクトSUVのスペックとしては標準的なスペックですが幾つもの特徴があり、それにより加速性も備わっており、よりワイルドさが加わり本格的コンパクトSUVの位置づけを確立するでしょう。

とくに「水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ」により1.5Lエンジン並みの加速性能があるのが一番の特徴で、このクラスのコンパクトSUVでもストレスなく心地よい運転ができます。

また、クロスビーは、安全技術(予防安全:スズキセーフティサポート)の運転支援システムはほぼフル装備で、クルーズコントロールも装備されておりますので快適で運転しやすく乗り心地も良いお勧めのコンパクトSUVです。

>>愛車最高額を確認してみる<<

車の買い替えで損をしていませんか?

車を買い替えたいと考えている時に、当たり前に下取りをしようと考えていませんか?

実はその行動はめちゃくちゃ損をします!

ディーラーが下取りをすすめる理由は?

よ~く考えてみてください!

ディーラーはなぜ新車購入の際に下取りをすすめるのでしょうか?

それはディーラーが得をするからです!

普通に考えて自分が損をすることをわざわざすすめたりはしないですよね。

それと同じで、下取りをすることはディーラーにとってはお得なことが満載なのです。

ディーラーがお得ということは、売る側は損をしている可能性は高いのです。

仮にディーラーが好条件での下取り価格を出してきた場合も、よくよく見ると、新車の値引き額と上手く調整をして

一見、下取り価格を高く見せるようにしている場合も当たり前にあります。

下取りで損をしないために事前にやっておく超簡単な方法とは?

下取りで損をしないために事前にやっておくべきことは、とても簡単です!

インターネットの一括査定サイトで自分の愛車の本当の買い取り価格を知っておくだけなんです。

約1分で入力ができて、しかも無料で診断ができるんです。

>>一括査定公式サイトをみてみる<<


この一括査定は最大10社が愛車の買取価格を出してくれるので、当然一番高い買取価格を知ることがすぐにできます。

その買取価格を知ってから、ディーラーに行くことが愛車を高く売る裏ワザになります。

下取りと買取でどちらがお得か交渉をする

ここまでくればあとは交渉をするだけです。

ディーラーでの下取り価格を提示されたら、

「買取では○○万円でした。」

と必ず伝えてみてください。

それによってディーラーの対応は変わってくるでしょう。

そして、下取りと買取の価格を比較していただき、より高く売れるほうに愛車を売却すればいいだけなんです!

インターネットを使った一括査定はとにかく早く、お得にすすめることができるので、とてもおすすめです!

何も考えずにディーラーで下取りをお願いすると、とにかく損をすることばかりですので、まずはあなたの愛車の本当の買取価格を無料で知ることから始めてみてください!

>>一括査定公式サイトをみてみる<<