クロスビーとアクアを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

下取りは一括査定サイトが絶対お得!

下取りをするより

一括査定サイトが絶対お得に!

一括査定サイト
を使うことで
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓無料で愛車の価値をチェック↓↓

クロスビーとアクアを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

スズキの大人気車種であるクロスビーですが、ライバル車として挙がる車の一つに、トヨタのアクアがあります。

様々な違いがあるクロスビーとアクアですが、購入の際にはどちらにしような悩む人も多いようです。

そこで今回、クロスビーとアクアの違いを比較しました。

価格から、大きさサイズ、燃費、加速、などなど。

様々な比較をすることで、どちらの車が自分に合っているのかを検討していただければと思います。

クロスビーとアクアを比較!基本的な違いや共通点は?

引用:https://toyota.jp/aqua/

まず細かい比較をする前に、クロスビーとアクアの基本的な大きな違いや共通点について比較をしていきます。

先に、基本的な違いや共通点を知っておくことで後で比較をする項目も納得がしやすくなると思います。

排気量(エンジンの大きさ)を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

まずはクロスビーとアクアのエンジンの大きさ(排気量)になります。

クロスビー:1.0L(1000㏄)

アクア  :1.5L(1,500cc)+モーター

エンジンの大きさ(排気量)はアクアの方が大きくなります。

一般的にはエンジンの大きさ(排気量)が大きい車の方が基本的な価格としても高くなる傾向にあります。

その為、エンジンの大きさ(排気量)だけの判断でいうと、アクアはクロスビーのワンランク上の車という位置づけになります。

グレードを比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビー:マイルドハイブリッド車(2WD・4WD)

アクア  :ハイブリッド車(2WD)

グレードの細かい種類やグレード別の価格については後程紹介をしていきます。

大きな違いとしては、マイルドハイブリッド車か、ハイブリッド車の違いとなります。

乗車人数を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビー:5名

アクア  :5名

乗車人数についてはクロスビーもアクアを同じ5人乗りとなります。

同じ5人乗りということで、室内のサイズは実際どのぐらい違うのかも気になりますね。

販売会社を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビー:スズキ

アクア  :トヨタ

販売会社については大きな違いとなります。

販売会社が違うということは、値引き交渉などの際には、それぞれの会社がライバルとなるので、交渉しやすくなるというメリットがあります。

その為にも、クロスビーとアクアはそれぞれで、優れているところ、劣っているところを知っておくことが大切になります。

参考:クロスビーの値引き相場は?

クロスビーとアクアを比較!価格とグレードはどのぐらい違う?

引用:https://toyota.jp/aqua/

それでは早速細かい違いの比較をしていきます。

何といってもまず気になるのが価格です。

価格が自分の予算と合わなければその時点で購入をあきらめなければなりません。

また価格によって、どのグレードにするかも決まる可能性もあります。

そういった意味でも、クロスビーとアクアのグレード別の価格を知っておくことは重要です。

クロスビーとアクアの新車価格とグレードは?

引用:https://toyota.jp/aqua/

まずはクロスビーとアクアの新車価格とグレードをみていきましょう。

◆クロスビーの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
ハイブリッドMZ(カラーオプション) 2,084,500円 2,229,700円
ハイブリッドMZ 2,040,500円 2,185,700円
ハイブリッドMX(カラーオプション) 1,842,500円 1,987,700円
ハイブリッドMX 1,798,500円 1,943,700円

 

◆アクアの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
特別仕様車 Crossover“Glam” 2,198,900円
特別仕様車 S“Style Black” 2,087,800円
Crossover 2,097,700円
G/G“ソフトレザーセレクション” 2,097,700円
S 1,921,700円
L 1,818,300円
G“GR SPORT” 2,372,700円

こうして表にしてクロスビーとアクアのグレード別の新車価格を見比べてみると、実はそこまでの大きな違いはありません。

一部、アクアの特別仕様車などで高い価格のグレードもありますが、それ以外は正直、値引き交渉である程度調整できそうなレベルの価格差となります。

引用:https://toyota.jp/aqua/

エンジンの大きさ(排気量)としてはアクアの方が大きいため、ワンランク上の価格になると思っていた人には、予想外だったかもしれません。

また、グレードで考えた際には、クロスビーには4WDがありますが、アクアには2WDしかありません。

もし車の使用を考えた際に、山などで多く使用する予定があったり、自宅が坂道の多い場所や、雪国に住んでいる人は、4WDのあるクロスビーの方がいいかもしれません。

参考:クロスビーのグレードの違いは何?

クロスビーとアクアの中古車価格相場は?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

ではクロスビーとアクアの中古車価格の相場もみていきましょう。

クロスビー:129万円~278万円

アクア  :25万円~253万円

アクアは年式によってはかなり安い価格の中古車もありますが、大体の中古車価格でいうと、大きな違いはありません。

クロスビーについては、発売されてからまだそこまでの年月が経過していないこともあり、車の価値としては高い状態となりますが、今後どのように価格の動きがあるかは、わかりません。

参考:クロスビーの新古車がお得?新古車情報!

クロスビーとアクアの価格の比較まとめ

引用:https://toyota.jp/aqua/

ここまでで、クロスビーとアクアの価格を比較したまとめとしては、価格だけを見た際には、そこまでの大きな差はないということになります。

捉え方としては、

アクアが1,500ccサイズなのに安いと捉えるか

クロスビーが1,000ccなのに高いと捉えるか

またはそれ以外に価値があると考えるかということになります。

どちらにしても同価格帯ですので、クロスビーとアクアで悩んでいる人の場合、価格以外の比較も大切になってきます。

クロスビーとアクアを比較!大きさの差はある?

引用:https://toyota.jp/aqua/

続いてクロスビーとアクアの違いで比較をしていくのは、大きさの比較となります。

外観の大きさは大きいほうがいいという人と、コンパクトなほうがいいという人で別れると思います。

また室内の大きさは一般的には大きいほうが快適に過ごせますので、人気があります。

クロスビーとアクアの外観の大きさ(サイズ)の違いは?

まずはクロスビーとアクアの外観の大きさ(サイズ)になります。

◆クロスビーとアクアの外観の大きさ(サイズ)

外観サイズ 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
クロスビー 3,760mm 1,670mm 1,705mm
アクア 4,050mm 1,695mm 1,455mm

外観の大きさで比較をしてみると、全長と全幅についてはアクアの方が大きくなります。

全高についてはクロスビーの方が高いです。

ちなみに、最小回転半径ですが

クロスビー:4.7m

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

アクア:4.8m

引用:https://toyota.jp/aqua/

最小回転半径は0.1mですが、クロスビーの方が小さくなります。

最小回転半径は小さいほど小回りの効く車ということになりますが、実際0.1mの差についてはそこまでの差を感じるレベルではありません。

参考:クロスビーの不具合ベスト3

クロスビーとアクアの室内の大きさ(サイズ)の違いは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

続いてはクロスビーとアクアの室内の大きさ(サイズ)も比較をしていきます。

◆クロスビーとアクアの室内の大きさ(サイズ)

室内サイズ 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
クロスビー 2,175mm 1,355mm 1,280mm
アクア 2,015mm 1,395mm 1,175mm

外観サイズとは違い、室内のサイズとなると、全長と全高はクロスビーの方が大きく、全幅はアクアとなります。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビーのコンセプトとして、『SUV×ワゴン』ということで、ワゴンとしての室内空間の広さも特徴のひとつとなります。

そういった意味でも実際に乗ってみても室内空間が広く感じるのはクロスビーとなります。

参考:クロスビーで車中泊を実際にしてみたら・・・。

クロスビーとアクアの収納力の違いは?

引用:https://toyota.jp/aqua/

続いてはクロスビーとアクアの収納力になります。

まずは写真でクロスビーとアクアの収納力を見ていきましょう。

◆クロスビーの収納力

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

◆アクアの収納力

引用:https://toyota.jp/aqua/

引用:https://toyota.jp/aqua/

アクアもシートアレンジによってはそれなりの荷物は載りますが、やはり収納力についてはクロスビーの方が優れていると言えるでしょう。

クロスビーはキャンプやアウトドア、ウインタースポーツにも使用しやすい車ともなりますので、4WDという部分だけでなく、収納力についても強化されていますね。

クロスビーとアクアの標準タイヤサイズを比較

引用:https://toyota.jp/aqua/

タイヤサイズについてもクロスビーとアクアで比較をしていきましょう。

クロスビー:175/60R/16

アクア  :185/65R/15

※グレードによって16インチあり

タイヤのインチとしてはクロスビーが16インチ、アクアが15インチクロスビーの方が大きくなります。

しかし太さについてはアクアの方が太いタイヤの設定となっています。

太さがあるということは、走りの安定感としては、アクアの方が安定しやすいということが言えますね。

参考:クロスビーのタイヤはどこまでインチアップできる?

クロスビーとアクアを比較!燃費と加速性能を比較

引用:https://toyota.jp/aqua/

続いてはクロスビーとアクアの燃費と加速性能の比較です。

クロスビーはマイルドハイブリッド

アクアはハイブリッド

ということを考えると、アクアの方が燃費は良いのかなと感じますが、エンジンの大きさの違いがどこまで影響するかも気になるところです。

早速、カタログ燃費と実際の燃費のクロスビーとアクアの比較を見ていきましょう。

クロスビーとアクアのカタログ燃費を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

まずはクロスビーとアクアのカタログ燃費の比較をしていきます。

◆クロスビーのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD 4WD
クロスビー 22.0km/L 20.6km/L

 

◆アクアのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD Lグレードのみ(2WD)
アクア 34.4km/L 38.0km/L

カタログ燃費を比較すると、さすがはハイブリッド車のアクアですね。

圧倒的な差で、燃費の良さがあります。

クロスビーとアクアの実際の燃費(実燃費)を比較

引用:https://toyota.jp/aqua/

続いて実際の燃費(実燃費)も比較をしていきます。

実際のところはカタログ燃費よりも実際の燃費(実燃費)の方が大切ですよね。

◆クロスビーの実際の燃費(実燃費)

実燃費 2WD 4WD
クロスビー 18.1km/L 17.5km/L

 

◆アクアの実際の燃費(実燃費)

実燃費 2WD Lグレードのみ(2WD)
アクア 23.7km/L

実際の燃費についても、アクアの方がガソリン1L当たり、5.6㎞の差があります。

実燃費の計測は運転の仕方や、道路環境、気温などなど様々な要因で変化はしていきますので、あくまでも参考数値とはなりますが、アクアの燃費の良さがよくわかります。

エンジンの大きさを感じさせないですね。

参考:クロスビーの燃費をライバル車と比較すると良い?悪い?

クロスビーとアクアの加速性能を比較

引用:https://toyota.jp/aqua/

では加速性能をクロスビーとアクアで比較するとどうでしょうか?

加速性能については、クロスビーもアクアも口コミや評価をみても、あまり悪い評価はありません。

もちろん人によって感じ方は違うかと思いますが、私も実際にクロスビーに乗っていて1,000ccエンジンにしては加速は良いと感じています。

またアクアも1,500ccのエンジンにハイブリッドのモーターがあるので、加速も非常にスムーズになります。

参考:クロスビーの加速性能は??

ただ、クロスビーとアクアの比較をいう意味では、やはりエンジンの大きいアクアの方が優れていると言えるでしょう。

クロスビーとアクアのカラーバリエーションとイメージ(CM)の違いは?

引用:https://toyota.jp/aqua/

続いては、クロスビーとアクアのカラーバリエーションの違いと、イメージの違いも見ていきましょう。

クロスビーとアクアのカラーバリエーションは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

◆クロスビー:14種類

単色    :3種類

ツートーン :9種類

スリートーン:2種類

 

◆アクア:18種類

単色    :14種類

フレックス :4種類

 

クロスビーもツートーンやスリートーンが特徴的な車になりますが、アクアも負けずに、非常に多くの単色のカラーバリエーションと、車体の一部の色が違うフレックスカラーがあります。

参考:クロスビーのボディカラー全色はコチラ

アクアのカラーバリエーション全色紹介

◆スーパーホワイト

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆シルバーメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆グレーメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ブラックマイカ

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆スーパーレッドⅤ

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆べージュ

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆オレンジパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆イエロー

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆フレッシュグリーンマイカメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆クリアエメラルドパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ブルーメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ジュエリーパープルマイカメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ブラックマイカ×スティールブロンドメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ホワイトパールクリスタルシャイン×スティールブロンドメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆グレーメタリック×カッパーメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ホワイトパールクリスタルシャイン×エアーイエロー

引用:https://toyota.jp/aqua/

クロスビーとアクアのCMやイメージは?

クロスビーとアクアのCMとCMからのイメージも見ていきましょう。

◆クロスビーのCM

クロスビーのCMのイメージとしては、とにかく遊び心を全面に出したCMとなります。

また、その中でもキャンプのイメージなどのアウトドア感と、ワゴンの性能をイメージさせるCMになります。

 

◆アクアのCM

アクアのCMは、クロスビーと違い、とにかく走っているシーンをメインでのCMとなります。

燃費の良さであったり、走行性能をアピールしたCMですね。

クロスビーとアクアを比較!買うならどっちがいい?

引用:https://toyota.jp/aqua/

ここまでクロスビーとアクアを様々な視点から比較をしてきました。

もう一度まとめますと、

・価格は同じ価格帯である

・室内空間はクロスビー

・収納力もクロスビー

・燃費の良さはアクア

・加速も両方良いが、エンジンの大きさ分アクアの方が良い

その他、外観の部分は好みにもよりますが、一般的には

クロスビーは個性的な形と外観をしていて、プライベート感が強い

アクアはシャープなイメージの外観

引用:https://toyota.jp/aqua/

どちらもファミリー層にも人気がありますし、年代としても30歳代以上からの人気が高い車となります。

アクアはどちらかというと高齢層にも人気があります。

こういった総合的な部分で比較をすると、年代にもよってきますが、ファミリー層ならクロスビーを個人的にはおすすめします。

アクアの燃費の良さも魅力的ですが、子供がいる家庭なら、室内空間とアウトドアや、雪道でも問題なく使用できるクロスビーの方が使用用途は高いかなと感じます。

また街でしか使用しない人や、ファミリー層ではない人はアクアの方が断然お得ですね。

今回比較をまた参考にしていただければと思います。

>>愛車最高額を確認してみる<<

車の買い替えで損をしていませんか?

車を買い替えたいと考えている時に、当たり前に下取りをしようと考えていませんか?

実はその行動はめちゃくちゃ損をします!

ディーラーが下取りをすすめる理由は?

よ~く考えてみてください!

ディーラーはなぜ新車購入の際に下取りをすすめるのでしょうか?

それはディーラーが得をするからです!

普通に考えて自分が損をすることをわざわざすすめたりはしないですよね。

それと同じで、下取りをすることはディーラーにとってはお得なことが満載なのです。

ディーラーがお得ということは、売る側は損をしている可能性は高いのです。

仮にディーラーが好条件での下取り価格を出してきた場合も、よくよく見ると、新車の値引き額と上手く調整をして

一見、下取り価格を高く見せるようにしている場合も当たり前にあります。

下取りで損をしないために事前にやっておく超簡単な方法とは?

下取りで損をしないために事前にやっておくべきことは、とても簡単です!

インターネットの一括査定サイトで自分の愛車の本当の買い取り価格を知っておくだけなんです。

約1分で入力ができて、しかも無料で診断ができるんです。

>>一括査定公式サイトをみてみる<<


この一括査定は最大10社が愛車の買取価格を出してくれるので、当然一番高い買取価格を知ることがすぐにできます。

その買取価格を知ってから、ディーラーに行くことが愛車を高く売る裏ワザになります。

下取りと買取でどちらがお得か交渉をする

ここまでくればあとは交渉をするだけです。

ディーラーでの下取り価格を提示されたら、

「買取では○○万円でした。」

と必ず伝えてみてください。

それによってディーラーの対応は変わってくるでしょう。

そして、下取りと買取の価格を比較していただき、より高く売れるほうに愛車を売却すればいいだけなんです!

インターネットを使った一括査定はとにかく早く、お得にすすめることができるので、とてもおすすめです!

何も考えずにディーラーで下取りをお願いすると、とにかく損をすることばかりですので、まずはあなたの愛車の本当の買取価格を無料で知ることから始めてみてください!

>>一括査定公式サイトをみてみる<<

スポンサーリンク