クロスビーとスイフトを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

下取りは一括査定サイトが絶対お得!

下取りをするより

一括査定サイトが絶対お得に!

一括査定サイト
を使うことで
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓無料で愛車の価値をチェック↓↓

クロスビーとスイフトを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

スズキの大人気車種であるクロスビーですが、同じスズキの車種でも多くのライバル車があります。

その中でも、スイフトもライバル車として違いを比較する人が多いです。

クロスビーとスイフトではそもそものコンセプトが違う車にはなりますが、似ている部分も多くあり、購入を検討している人には迷う部分も多くあります。

そこで今回はクロスビーとスイフトの違いを様々な視点で比較してみました。

クロスビーとスイフトを比較!基本的な違いや共通点は?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

まずはクロスビーとスイフトの基本的な違いや共通点を見ていきたいと思います。

ある程度の大まかな違いや共通点を知っておくことで、そのあとの細かい比較をした際に、わかりやすくなるかと思います。

クロスビーとスイフトの排気量(エンジンの大きさ)を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビー:1.0L(1000㏄)

スイフト :1.2L(1,200cc)

※スイフトのターボタイプは1.0L(1,000cc)

エンジンについては同じスズキの車だけに、クロスビーもスイフトも『ブースタージェットエンジン』を使用しています。

そう考えると、同じエンジンですが、エンジンの大きさ(排気量)が違うということになります。

当然エンジンの大きいほうがパワーがあるイメージだと思ってもらえれば思います。

クロスビーとスイフトの種類を比較

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

クロスビー:マイルドハイブリッド車

スイフト :ハイブリッド車、マイルドハイブリッド車、ガソリン車(ターボあり、マニュアルあり)

グレード別の価格については後程紹介をしていきますが、タイプの種類を見ていきますと、クロスビーはマイルドハイブリッド車のみとなります。

しかしスイフトについては、ハイブリッド車、マイルドハイブリッド車、ガソリン車と多くの種類に分けることができます。

しかも、ガソリン車の中でもターボタイプがあったり、マニュアルがあったりと、とにかく種類が豊富なイメージですね。

乗車人数を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビー:5人乗り

スイフト :5人乗り

乗車人数については同じ5人乗りとなります。

しかし、内装などは全く変わってきますので後程紹介をしていきます。

販売会社を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/

冒頭からも記載をしていますが、販売会社はクロスビーもスイフトも『スズキ』になります。

販売会社が同じ場合、もしどちらかを購入するか迷っている場合には、メリットとデメリットがあります。

販売会社が同じメリット

・比較をしたい時に実際にその目で見て確認ができる。移動が必要ない

・営業の人が同じなので詳しいところまで聞くことができる

販売会社が同じデメリット

・価格交渉の際に、比較が同じ会社なので値が下がりにくい

 

といったところでしょうか。

メリットもデメリットもありますので、しっかりとそれを理解しておくことも重要です。

参考:クロスビーの値引き相場はいくら?

クロスビーとスイフトを比較!価格とグレードはどのぐらい違う?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

それでは基本的な違いや共通点を知ったところで、他の違いを比較していきましょう。

まずは価格です。

やはりどんなに欲しい車でも、価格が希望と違えば考えてしまうものです。

では実際のクロスビーとスイフトの新車価格と、中古車相場はいくらぐらいかを見ていきましょう。

クロスビーとスイフトの新車価格とグレードは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

まずはクロスビーとスイフトの新車価格とグレードをみていきましょう。

◆クロスビーの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
ハイブリッドMZ(カラーオプション) 2,084,500円 2,229,700円
ハイブリッドMZ 2,040,500円 2,185,700円
ハイブリッドMX(カラーオプション) 1,842,500円 1,987,700円
ハイブリッドMX 1,798,500円 1,943,700円

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆スイフトの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
HYBRID SL(ハイブリッド) 2,053,700円
HYBRID RS(マイルドハイブリッド) 1,888,700円 2,046,000円
RSt(ターボ) 1,901,900円
RS 1,789,700円 1,947,000円
HYBRID ML(マイルドハイブリッド) 1,828,200円 1,985,500円
XL 1,663,200円 1,820,500円
XG Limited 1,375,000円 1,532,300円

※スイフトは『全方位モニター用カメラパッケージ装着車』の価格

※その他にマニュアルグレードの価格もあります。

価格の幅をまとめますと

クロスビー:約180万円~230万円

スイフト :約140万円~210万円

こうして価格の幅を見ていくと、クロスビーの方がスイフトよりもわずかではありますが、ワンランク価格が高くなることがわかります。

クロスビーはマイルドハイブリッド車1本で、グレードとしても2種類のみということで、とにかくシンプルなラインナップの印象がありますが、価格としてはスイフトのハイブリッド車よりも高い、やや強気の設定になっています。

参考:クロスビーのグレードの違いは何?

クロスビーとスイフトの中古車価格相場は?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

ではクロスビーとシエンタの中古車価格の相場もみていきましょう。

クロスビー:129万円~278万円

スイフト :59万円~195万円

中古車相場を見比べてみてもらっても、クロスビーの方が高くなっています。

ただし、中古車相場についてはクロスビーが発売されてそこまでの年月が経過していないことも、要因のひとつに挙げられます。

そのため、今後はどこまで値が変わるかは、これからにクロスビーの人気によって大きく左右されると言えるでしょう。

参考:クロスビーの新古車がお得?新古車情報!

クロスビーとスイフトを比較!大きさの差はある?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

クロスビーとスイフトの大きさの違いも見ていきましょう。

外観サイズや、最小回転半径、室内の大きさなどを比較していきます。

車の外観が重要だという人、運転しやすさが重要だという人、室内空間が重要だという人には、車のサイズ感は気になる比較になりますね。

クロスビーとスイフトの外観の大きさ(サイズ)の違いは?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

まずはクロスビーとスイフトの外観の大きさ(サイズ)になります。

◆クロスビーとスイフトの外観の大きさ(サイズ)

外観サイズ 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
クロスビー 3,760mm 1,670mm 1,705mm
スイフト 3,840mm 1,695mm 1,500mm

クロスビーとスイフトの外観の大きさを比較すると、スイフトの方が長さと幅がワンサイズ大きくなります。

高さについてはSUVでもあるクロスビーが高くなります。

ちなみに、最小回転半径ですが

クロスビー:4.7m

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

スイフト:4.8m

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

本当にわずかではありますが、クロスビーの方が小さくなります。

この最小回転半径は、小さいほうが小回りが効くということになります。

まあクロスビーとスイフトの最小回転半径の差は0.1mですので、運転をしていてもそこまでの違いを感じるレベルではないと思ってもらってもいいでしょう。

参考:クロスビーの不具合ベスト3

クロスビーとスイフトの室内の大きさ(サイズ)の違いは?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

続いてはクロスビーとスイフトの室内の大きさ(サイズ)も比較をしていきます。

◆クロスビーとスイフトの室内の大きさ(サイズ)

室内サイズ 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
クロスビー 2,175mm 1,355mm 1,280mm
スイフト 1,910mm 1,425mm 1,225mm

ここで外観サイズとは違った差が出たのは面白いですね。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

外観サイズではスイフトの方が長かった、全長(長さ)ですが、室内のサイズとなると、クロスビーの方が長くなります。

クロスビーは『SUV×ワゴン』を売りにしている車でもあるため、室内空間を広めに設計されています。

しかし高さについても変わらずクロスビーの方が高いのですが、

外観サイズの高さの差:205mm

室内サイズの高さの差:55mm

と高さの差が結構近くなっています。

参考:クロスビーで車中泊を実際にしてみたら・・・。

クロスビーとスイフトの収納力の違いは?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

続いてはクロスビーとスイフトの収納力になります。

先程もお伝えをした、クロスビーはワゴンの要素も含めた車でもあるためそれなりの収納スペースを確保しています。

またスイフトについてはそこまで大きな収納スペースがあるという印象はなく、普通の収納スペースだと思ってもらったほうがいいですね。

ではどんな収納の使い方ができるのかを、写真でみていきましょう。

◆クロスビーの収納力

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビーはホームページ上でも収納スペースをアピールするほどのスペースがあります。

クロスビーでキャンプやウインタースポーツ、マリンスポーツなどをやってみたいと考えている人も、それなりの収納力があるので安心ですね。

ただし乗車人数次第では後ろのトランク部分のみの使用になるので、注意は必要です。

◆スイフトの収納力

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

スイフトについてはこれといって特段に収納力が優れているわけではありませんが、普通に収納ができるレベルと思ってもらっていいでしょう。

クロスビーとスイフトの標準タイヤサイズを比較

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

タイヤサイズについてもクロスビーとスイフトで比較をしていきましょう。

クロスビー:175/60R/16

スイフト :185/55R/16

※グレードによって15インチあり

タイヤサイズについては、インチは同じ16インチではあるのですが、太さがスイフトの方が太くなります。

実際に見てもらうとすごくわかりやすいのですが、実物を見ると違いはわかりやすいです。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

スイフトはどちらかというと走りにこだわりのある車でもあるので、タイヤ周りにもそれなりのこだわりがありますね。

タイヤが太いほうが安定感がでますので、そういった部分が反映されています。

ただし、その分タイヤの価格は高くなる傾向ななります。

参考:クロスビーのタイヤはどこまでインチアップできる?

クロスビーとスイフトを比較!燃費と加速性能を比較

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

続いてはクロスビーとスイフトの燃費と加速性能の比較です。

燃費は、車の維持費を考えた際にはとても重要なものになります。

クロスビーはマイルドハイブリッド車のみですが、スイフトはハイブリッド車、マイルドハイブリッド車、ガソリン車と3種類がありますのでそれぞれを見ていきたいと思います。

また、一緒加速性能についても比較をしていきます。

クロスビーとスイフトのカタログ燃費を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

まずはクロスビーとスイフトのカタログ燃費の比較をしていきます。

◆クロスビーのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD 4WD
クロスビー 22.0km/L 20.6km/L

 

◆スイフトのカタログ燃費(ガソリン車)

カタログ燃費 2WD 4WD ターボ(2WD)
スイフト 24.0km/L 22.8km/L 20.0km/L

◆スイフトのカタログ燃費(マイルドハイブリッド車)

カタログ燃費 2WD 4WD
スイフト 27.4km/L 25.4km/L

◆スイフトのカタログ燃費(ハイブリッド車)

カタログ燃費 2WD
スイフト 32.0km/L

※マニュアルグレードの燃費は載せておりません。

まず同じ条件である、マイルドハイブリッド車で比較をしてみると、スイフトの方が燃費が良いことがわかります。

様々な要因はあると思いますが、そのひとつの要因として車体重さも多少は関係があります。

クロスビー:960㎏~1,000㎏

スイフト :840㎏~960㎏

グレードによっての差はありますが、スイフトの方が車体は軽いということがわかります。

クロスビーとスイフトの実際の燃費(実燃費)を比較

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

続いて実際の燃費(実燃費)も比較をしていきます。

◆クロスビーの実際の燃費(実燃費)

実燃費 2WD 4WD
クロスビー 18.1km/L 17.5km/L

 

◆スイフトの実際の燃費(ガソリン車)

実燃費 2WD 4WD ターボ(2WD)
スイフト 20.8km/L 15.8km/L 13.5km/L

◆スイフトの実際の燃費(マイルドハイブリッド車)

実燃費 2WD 4WD
スイフト 17.2km/L 14.9km/L

◆スイフトの実際の燃費(ハイブリッド車)

実燃費 2WD
スイフト 21.5km/L

※マニュアルグレードの燃費は載せておりません。

実燃費をマイルドハイブリッド車で比較すると、クロスビーの方が良くなります。

実燃費については運転の仕方や、道路状況、気温、エアコン、などなど様々な要因で変わってくるので確かなものではありませんが、やはりエンジンが大きいほうが、それだけガソリンの消費も激しいので、特に加速と停車を繰り返していると、燃費が悪くなる傾向にあります。

ただ今回のスイフトのデータはインタネット上のデータを集計し、まとめたものとなります。

そのため、スイフトのガソリン車とマイルドハイブリッド車で実燃費はガソリン車の方が良くなっているという結果になったりしていますので、信憑性は低いかなと感じます。

あくまでも参考程度で見て頂ければと思います。

 

参考:クロスビーの燃費をライバル車と比較すると良い?悪い?

クロスビーとスイフトの加速性能を比較

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

続いては加速性能です。

クロスビーもスイフトも加速性能については、悪い口コミや評価も少なく、問題ない加速ができると思っていいでしょう。

またクロスビーとスイフトの比較として考えると、やはりエンジンの大きいスイフトの方が加速は優れています。

そしてスイフトにはターボタイプのグレードもあります。

ターボタイプは加速を重視した車にもなっているので、更に加速は良いです。

参考:クロスビーの加速性能の評価は??

クロスビーとスイフトのカラーバリエーションとイメージ(CM)の違いは?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

続いてクロスビーとスイフトのカラーバリエーションの違いと、イメージやCMも一緒に見ていきます。

クロスビーとスイフトのカラーバリエーションは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

◆クロスビー:14種類

単色    :3種類

ツートーン :9種類

スリートーン:2種類

 

◆スイフト :9種類

参考:クロスビーのボディカラー全色はコチラ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

カラーバリエーションでは、クロスビーがとにかくバラエティに富んだカラーバリエーションになります。

特に、ツートーン(2色)やスリートーン(3色)はクロスビーの特徴と言ってもいいバリエーションとなります。

参考:クロスビーのボディカラー全色はコチラ

 

一方、スイフトはどちらかというとシンプルなボディカラーが多い印象です。

では実際にスイフトのカラーバリエーション全色を見ていきましょう。

スイフトのカラーバリエーション全色紹介

◆バーニングレッドパールメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆スピーディーブルーメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆ピュアホワイトパール

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆スーパーブラックパール

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆スターシルバーメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆クラッシーブラウンメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆ネオンブルーメタリック

 

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆ミッドナイトバイオレットメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆プレミアムシルバーメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

スイフトは上記のようなカラーバリエーションとなっています。

紫色系や水色系などの女性にも人気が出そうなボディカラーもありますが、全体的には男性に好まれるカラーバリエーションになっています。

クロスビーとスイフトのCMやイメージは?

続いてはCMと、CMから見るその車のイメージの紹介です。

◆クロスビーのCM

まずクロスビーのCMですが、曲からしてプライベートや遊びを連想させる音楽ですね。

そしてCM内容としても、キャンプなどのプライベート感を満載に出したCMになっています。

 

◆スイフトのCM

一方スイフトですが、どちらかというと走りや機能などをアピールした感じのCMといった印象です。

クロスビーとスイフトを比較!買うならどっちがいい?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

ここまでクロスビーとスイフトの比較をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

様々な比較の中で、何を重視するかによってどちらを購入したほうがお得かが出てくると思います。

・価格で考えるならスイフトの方が安い価格でも購入できます。

・燃費で考えるなら、スイフトのハイブリッド

・室内空間の広さならクロスビー

・加速や走りの性能ならスイフト

・車の使いやすさやならクロスビー

といった感じですね。

外観とかは好みによるので、人それぞれですが、個性的な外観ならクロスビーですね。

それ以外にも、車を乗る際に大切な部分を考えていただき、今回の比較を参考にしてもらえればと思います。

>>愛車最高額を確認してみる<<

車の買い替えで損をしていませんか?

車を買い替えたいと考えている時に、当たり前に下取りをしようと考えていませんか?

実はその行動はめちゃくちゃ損をします!

ディーラーが下取りをすすめる理由は?

よ~く考えてみてください!

ディーラーはなぜ新車購入の際に下取りをすすめるのでしょうか?

それはディーラーが得をするからです!

普通に考えて自分が損をすることをわざわざすすめたりはしないですよね。

それと同じで、下取りをすることはディーラーにとってはお得なことが満載なのです。

ディーラーがお得ということは、売る側は損をしている可能性は高いのです。

仮にディーラーが好条件での下取り価格を出してきた場合も、よくよく見ると、新車の値引き額と上手く調整をして

一見、下取り価格を高く見せるようにしている場合も当たり前にあります。

下取りで損をしないために事前にやっておく超簡単な方法とは?

下取りで損をしないために事前にやっておくべきことは、とても簡単です!

インターネットの一括査定サイトで自分の愛車の本当の買い取り価格を知っておくだけなんです。

約1分で入力ができて、しかも無料で診断ができるんです。

>>一括査定公式サイトをみてみる<<


この一括査定は最大10社が愛車の買取価格を出してくれるので、当然一番高い買取価格を知ることがすぐにできます。

その買取価格を知ってから、ディーラーに行くことが愛車を高く売る裏ワザになります。

下取りと買取でどちらがお得か交渉をする

ここまでくればあとは交渉をするだけです。

ディーラーでの下取り価格を提示されたら、

「買取では○○万円でした。」

と必ず伝えてみてください。

それによってディーラーの対応は変わってくるでしょう。

そして、下取りと買取の価格を比較していただき、より高く売れるほうに愛車を売却すればいいだけなんです!

インターネットを使った一括査定はとにかく早く、お得にすすめることができるので、とてもおすすめです!

何も考えずにディーラーで下取りをお願いすると、とにかく損をすることばかりですので、まずはあなたの愛車の本当の買取価格を無料で知ることから始めてみてください!

>>一括査定公式サイトをみてみる<<

スポンサーリンク