クロスビーとオデッセイを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

下取りは一括査定サイトが絶対お得!

下取りをするより

一括査定サイトが絶対お得に!

一括査定サイト
を使うことで
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓無料で愛車の価値をチェック↓↓

クロスビーとオデッセイを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

発売以降、人気が衰えることのないスズキのクロスビーですが、ライバル車のひとつとしてホンダのオデッセイも挙げられます。

外観は全く違ってきますが、意外とクロスビーとオデッセイで検討をしている人も多いようです。

そこで今回は、クロスビーとオデッセイの違いを様々な視点から比較してみました。

価格や大きさサイズ、燃費や加速など、クロスビーとオデッセイで比較すると、どのぐらい違いがあるのか見ていきましょう。

クロスビーとオデッセイを比較!基本的な違いや共通点は?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

まずは、クロスビーとオデッセイの基本的な違いや、共通点を見ていきたいと思います。

基本的な違いや共通点を先に知っておくことで、細かい比較をする時に納得しやすくなるかと思います。

排気量(エンジンの大きさ)

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

まずは排気量(エンジンの大きさ)の違いを見ていきましょう。

クロスビー:1.0L(1000㏄)

オデッセイ:2.4L~2.0L(2,400cc~2,000cc)

排気量でいうと、クロスビーの倍以上の違いがあります。

なので今回はライバル車として様々な比較をしていきますが、実際はクロスビーよりも更にワンランクからツーランク上の車がライバル車と言えるでしょう。

トヨタのエスティマとか、ヴォクシー、ホンダのステップワゴン、日産のセレナなんかが同じぐらいの排気量の車となります。

グレード

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビー:マイルドハイブリッド車

オデッセイ:ハイブリッド車、ガソリン車

クロスビーはマイルドハイブリッド車のみの展開となりますが、オデッセイはハイブリッド車とガソリン車のグレード展開をしています。

一般的な燃費のイメージとしては

ハイブリッド > マイルドハイブリッド > ガソリン

といった燃費の良さのイメージになりますが、実際のところはどうなのかは、後程紹介をしていきます。

乗車人数

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビー:5人

オデッセイ:7人/8人

乗車人数を見てもわかる通り、シートの列も違ってきます。

クロスビー:2列シート

オデッセイ:3列シート

エンジンの大きさ、乗車人数、シートの数からみても、オデッセイの方がワンランク違う車ということは理解できたのではないでしょうか。

販売会社

 

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

クロスビー:スズキ

オデッセイ:ホンダ

冒頭でもお伝えはしましたが、クロスビーとオデッセイでは販売会社が違います。

販売会社が違う場合のメリットとしては、比較している車の強い点や弱い点をしっかり理解しておくことで、弱い点を伝えることで、その弱い点を補う一つの方法として、値引き可能性もあるということです。

同じ会社同士の比較だとなかなかそれは難しいのですが、スズキとホンダはライバル会社にもなりますので、値引き交渉はやりやすくなるでしょう。

参考:クロスビーとライバル車比較まとめ

参考:クロスビーの値引き相場額は?

 

ここまでの基本的な違いを見てきましたが、クロスビーとオデッセイでは共通点はほとんどありませんね。

クロスビーとオデッセイを比較!価格とグレードはどのぐらい違う?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

それでは基本的な違いを知ったところで、まずはグレード別の価格の違いを見ていきましょう。

やはり車を購入している人にとって、まずはじめに価格は気になります。

どれだけほしい車でも、価格によってはあきらめなければなりません。

また、同じ性能や機能があるのであれば少し安い車でも良くなるかもしれません。

クロスビーとオデッセイの新車価格とグレードは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

まずはクロスビーとオデッセイの新車価格とグレードをみていきましょう。

◆クロスビーの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
ハイブリッドMZ(カラーオプション) 2,084,500円 2,229,700円
ハイブリッドMZ 2,040,500円 2,185,700円
ハイブリッドMX(カラーオプション) 1,842,500円 1,987,700円
ハイブリッドMX 1,798,500円 1,943,700円

 

 

◆オデッセイの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING 4,226,852円
HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING 4,009,296円
HYBRID・Honda SENSING 3,907,445円
ABSOLUTE・EX Honda SENSING 3,605,555円 3,721,259円
ABSOLUTE・Honda SENSING 3,388,000円 3,503,704円
G・AERO Honda SENSING 3,123,186円 3,238,889円

※オデッセイの8人乗りのタイプがあるグレードは、10万円弱安い価格での8人乗りグレードもあります。

クロスビーとオデッセイの価格を全体でまとめると

クロスビー:約180万円~230万円

オデッセイ:約315万円~430万円

大体、オデッセイはクロスビーの2倍程度の価格になることがわかります。

基本的な共通点でも全てがオデッセイの方が優れているだけに、価格についても結構大きな差が出ることがわかりました。

参考:クロスビーのグレードの違いは何?

クロスビーとオデッセイの中古車価格相場は?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

ではクロスビーとオデッセイの中古車価格の相場もみていきましょう。

クロスビー:129万円~278万円

オデッセイ:99円~392万円

中古車の価格としても、新車価格同様に大きな差があります。

クロスビーは発売されて間もない車なので、中古車価格がそこまで下がらないのはわかるのですが、オデッセイのそこまでの値崩れがなく、オデッセイの人気ぶりがわかりますね。

参考:クロスビーの新古車がお得?新古車情報!

クロスビーとオデッセイを比較!大きさの差はある?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

それでは、クロスビーとオデッセイの大きさの違いも比較をしていきましょう。

2列シートのクロスビーと、3列シートのオデッセイなので、オデッセイの方が大きいことは何となくわかりますが、どれほどの違いがあるのかを見ていきましょう。

クロスビーとオデッセイの外観の大きさ(サイズ)の違いは?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

まずはクロスビーとオデッセイの外観の大きさ(サイズ)になります。

◆クロスビーとオデッセイの外観の大きさ(サイズ)

外観サイズ 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
クロスビー 3,760mm 1,670mm 1,705mm
オデッセイ 4,840mm 1,820mm 1,685mm

高さではクロスビーの方が高いものの、長さと横幅はオデッセイの方がワンサイズ大きくなります。

差を見ていきますと、

長さ:+1,080㎜

横幅:+150㎜

横幅がそこまでの大きな差ではありませんが、長さは結構な差がありますね。

ちなみに、最小回転半径ですが

クロスビー:4.7m

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

オデッセイ:5.4m

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

長さがある分、オデッセイの方が最小回転半径は大きくなります。

この最小回転半径は小さいほうが小回りの効きやすい車ということですので、クロスビーの方がコンパクトに運転をすることができるということにもなります。

参考:クロスビーの不具合ベスト3

クロスビーとオデッセイの室内の大きさ(サイズ)の違いは?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いてはクロスビーとオデッセイの室内の大きさ(サイズ)も比較をしていきます。

◆クロスビーとオデッセイの室内の大きさ(サイズ)

室内サイズ 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
クロスビー 2,175mm 1,355mm 1,280mm
オデッセイ 2,935mm 1,560mm 1,305mm

なんと外観のサイズではクロスビーが勝っていた高さも、室内のサイズになるとオデッセイの方が大きくなります。

その差を全て見ていきますと

長さ:760㎜

横幅:205㎜

高さ:25㎜

長さについては外観サイズよりも縮まってはいるものの、横幅はが逆に差が広がっています。

実際に乗ってみても感じるのですが、クロスビーも全然サイズとしては日広々と室内を使用できで快適ですが、オデッセイはもっと快適に過ごすことができます。

さすが3列シートの車だけあるなといった感じです。

参考:クロスビーで車中泊を実際にしてみたら・・・。

クロスビーとオデッセイの収納力の違いは?

続いてはクロスビーとオデッセイの収納力になります。

それぞれの収納のイメージを写真で見ていきましょう。

◆クロスビーの収納力

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

◆オデッセイの収納力

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

まずクロスビーですが写真を見ると非常に様々な荷物を積むことができます。

もちろん車中泊もできますし、ウインタースポーツで使用するスノーボードや、ゴルフバックなんかも積むことができます。

 

一方オデッセイですが、写真は少ないのですが、基本的にはクロスビーと同様ではなく、それ以上の荷物を積むことができます。

ただ、車のイメージとして、クロスビーはアウトドアやキャンプを全面に出したイメージの車に対して、オデッセイはスマートな走り屋、外観のカッコよさを全面に出している車なので、そこまで収納力を重視はしていないようです。

クロスビーとオデッセイの標準タイヤサイズを比較

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

タイヤサイズについてもクロスビーとオデッセイで比較をしていきましょう。

クロスビー:175/60R/16

オデッセイ:215/55R/17

タイヤサイズをみると、クロスビーは16インチ、オデッセイは17インチとオデッセイの方が標準タイヤは大きくなります。(グレードによっては16インチの標準タイヤもあります)

また、タイヤのサイズだけでなく太さもオデッセイの方が断然太くなります。

参考:クロスビーのタイヤはどこまでインチアップできる?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

実際にクロスビーのタイヤとオデッセイのタイヤを見比べると非常に良くわかるのですが、全然太さが違うことが目で見てわかるかと思います。

クロスビーとオデッセイを比較!燃費と加速性能を比較

続いてはサイズの次はクロスビーとオデッセイの燃費と加速性能の比較です。

車に乗るうえで燃費も結構重要ですね。

一般的には排気量の多い車の方が燃費も悪くなりますが、オデッセイはハイブリッド車もあるということで、どのぐらいの差になるのかをカタログ燃費と実際の燃費で見ていきます。

クロスビーとオデッセイのカタログ燃費を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

まずはクロスビーとオデッセイのカタログ燃費の比較をしていきます。

◆クロスビーのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD 4WD
クロスビー 22.0km/L 20.6km/L

 

◆オデッセイのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD 4WD ハイブリッド2WD
オデッセイ 13.6km/L 13.0km/L 24.4km/L

 

やはり排気量の影響が大きく出ていますね。

オデッセイのハイブリッド車の方が燃費は良いものの、そこまでの大きな差にはなりません。

オデッセイのガソリン車では全く違ってきますね。

クロスビーとオデッセイの実際の燃費(実燃費)を比較

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いて実際の燃費(実燃費)も比較をしていきます。

◆クロスビーの実際の燃費(実燃費)

実燃費 2WD 4WD
クロスビー 18.1km/L 17.5km/L

 

◆オデッセイの実際の燃費(実燃費)

実燃費 2WD 4WD ハイブリッド2WD
オデッセイ 10.5km/L 8.7km/L 16.4km/L

 

実際の燃費で比較をすると、さらに排気量の影響が顕著に出てきます。

オデッセイのハイブリッド車よりも、クロスビーの方が燃費が良くなります。

またオデッセイのガソリン車(4WD)では、クロスビーの半分ぐらいの燃費にもなるぐらいの差になります。


サイズも大きく、エンジンも大きい分、燃費については一般的な同じ排気量のい車と比較をするとそこまで悪くはないですが、クロスビーと比較をすると、圧倒的な差ができます。

参考:クロスビーの燃費をライバル車と比較すると良い?悪い?

クロスビーとオデッセイの加速性能を比較

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いてはクロスビーとオデッセイの加速性能の比較になります。

加速については、クロスビーとオデッセイの比較という視点から言うと、やはりエンジンの大きさが影響をして、オデッセイの方が優れています。

ただし、大きな差があるかというとそうでもありません。

理由としてそのひとつに車体の重量があります。

クロスビー:960㎏~1000㎏

オデッセイ:1,780㎏~1,910㎏

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

オデッセイの方がクロスビーの2倍近くの重さがあるのです。

その重さの影響もあり、加速の弱さは通常では感じなく、クロスビーよりも加速で優れてはいるもの、圧倒的な差があるというわけではありません。

またクロスビーについては、加速については非常に評判が良く1,000ccのエンジンでは優れた加速性能があります。

参考:クロスビーの加速性能は??

クロスビーとオデッセイのカラーバリエーションとイメージ(CM)の違いは?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いては、クロスビーとオデッセイのカラーバリエーションとCMから見たイメージも比較をしていきましょう。

クロスビーとオデッセイのカラーバリエーションは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

◆クロスビー:14種類

単色    :3種類

ツートーン :9種類

スリートーン:2種類

クロスビーはなんといってもカラーバリエーションのインパクトも特徴のひとつです。

スリートーンのボディカラーは街で見かけたら一瞬でわかるほどのインパクトがあります。

参考:クロスビーのボディカラー全色はコチラ

 

◆オデッセイ:7種類

単色    :7種類

 

オデッセイは単色のみとなります。

 

オデッセイのカラーバリエーション全色紹介

◆プラチナホワイト・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆スーパープラチナ・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆クリスタルブラック・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆プレミアムヴィーナスブラック・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆コバルトブルー・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆プレミアムスパイスパープル・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆プレミアムディープロッソ・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

オデッセイのカラーバリエーションを見ていくと、どちらかというと派手なカラーは無くシンプルで大人なイメージのカラーが中心になります。

クロスビーとオデッセイのCMやイメージは?

◆クロスビーのCM

 

◆オデッセイのCM

クロスビーとオデッセイのCMを見比べてみても、ターゲットだったり、イメージの違いがわかります。

クロスビーはアウトドア・キャンプ、そして遊びといったプライベート感の強いイメージのあるCMとなります。

一方オデッセイは、走りのシーンを中心に流しており、走行性能や走りやすさ、外観のカッコよさを出すCMになっています。

クロスビーとオデッセイを比較!買うならどっちがいい?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ここまでクロスビーとオデッセイを様々な視点から比較をしてきましたが、いかがだったでしょうか。

基本的な違いが多き2つの車種となるので、なかなかどちらを選ぶかというと難しいですね。

まず外観については

クロスビー:おしゃれ、特徴的

オデッセイ:かっこいい、スタイリッシュ

といった感じでわかれますので、あとは個人個人の好みになるかと思います。

そして、加速については若干オデッセイの方が優れてはいますが、重量の関係もあり圧倒的な差があるわけではありません。

燃費についてはクロスビーの方が優れていました。

そういったことを含めると、自分がどういったスタイルで車に乗りたいのかが重要になります。

・アウトドアで使用したいのであればクロスビー

・維持費や燃費が需要ならクロスビー

・多くの人数を乗せたいならオデッセイ

といった感じでしょうか。

また加速や乗った感覚などは実際に試乗をしてみることをおすすめします。

車はフィーリングもありますので、乗った感覚も大切です。

今回の比較をひとつの参考にしていただければと思います。

>>愛車最高額を確認してみる<<

車の買い替えで損をしていませんか?

車を買い替えたいと考えている時に、当たり前に下取りをしようと考えていませんか?

実はその行動はめちゃくちゃ損をします!

ディーラーが下取りをすすめる理由は?

よ~く考えてみてください!

ディーラーはなぜ新車購入の際に下取りをすすめるのでしょうか?

それはディーラーが得をするからです!

普通に考えて自分が損をすることをわざわざすすめたりはしないですよね。

それと同じで、下取りをすることはディーラーにとってはお得なことが満載なのです。

ディーラーがお得ということは、売る側は損をしている可能性は高いのです。

仮にディーラーが好条件での下取り価格を出してきた場合も、よくよく見ると、新車の値引き額と上手く調整をして

一見、下取り価格を高く見せるようにしている場合も当たり前にあります。

下取りで損をしないために事前にやっておく超簡単な方法とは?

下取りで損をしないために事前にやっておくべきことは、とても簡単です!

インターネットの一括査定サイトで自分の愛車の本当の買い取り価格を知っておくだけなんです。

約1分で入力ができて、しかも無料で診断ができるんです。

>>一括査定公式サイトをみてみる<<


この一括査定は最大10社が愛車の買取価格を出してくれるので、当然一番高い買取価格を知ることがすぐにできます。

その買取価格を知ってから、ディーラーに行くことが愛車を高く売る裏ワザになります。

下取りと買取でどちらがお得か交渉をする

ここまでくればあとは交渉をするだけです。

ディーラーでの下取り価格を提示されたら、

「買取では○○万円でした。」

と必ず伝えてみてください。

それによってディーラーの対応は変わってくるでしょう。

そして、下取りと買取の価格を比較していただき、より高く売れるほうに愛車を売却すればいいだけなんです!

インターネットを使った一括査定はとにかく早く、お得にすすめることができるので、とてもおすすめです!

何も考えずにディーラーで下取りをお願いすると、とにかく損をすることばかりですので、まずはあなたの愛車の本当の買取価格を無料で知ることから始めてみてください!

>>一括査定公式サイトをみてみる<<

スポンサーリンク